キャディトークミニミ

コンテンツ内に広告が表示される場合があります ゴルフギア

小型サイズは最強の武器かも!ゴルフレーザー距離計「CaddyTalk minimi・キャディトークミニミ」

さぶにく

ゴルフ場勤勤務経験のあるギア好きゴルフマニア。 クラブやギアなどゴルフにまつわる記事を自身の体験や経験をもとに発信しています。

CaddyTalk minimi

最近人気のレーザー距離計。
ルール改正もあってゴルフ場でも見かける機会が増えました。
レーザーをピンや距離を測りたい所に当てるとそこまでの距離が直ぐわかるということで、クラブ選択のうえで大事な要素になります。

ってことで、とても役に立つアイテムですが、クラブと一緒に持ち歩く必要があるので少なからず荷物になります。

手に持つとなると、クラブとさらに距離計を持たなければならないので、ちょっと邪魔に感じます。
そこで手がふさがれるのを避けるため、ケースに入れてベルトに装着したりポケットに入れたりする人もいます。

ベルトにつけられれば手がふさがれることがないので楽なのですが、距離計のサイズが大きかったり重かったりするとやっぱり気になります。

僕はブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトを使ってたのですが、これが機能的にはとっても素晴らしいのですが、とにかく大きくて重いんです。

もちろん購入前に下調べして大きさも重さも理解していたのですが、いざ使ってみるとやっぱり大きいし重い。。。ポケットにもほぼ入りません。。

ブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトは、軍事用の製品を作っているブランドだけあって堅牢性も精度も高くとても信頼できるレーザー距離計です。
水平距離のほか高低差を加味した距離、さらに気温や気圧を考慮した距離を瞬時に表示でき、測れたことを赤いリングと振動で知らせてくれるとても素晴らしいレーザー距離計です。
レンズも明るく拡大率も高いので目標の視認性は素晴らしく見やすくとても快適に使えます。そのサイズと重さを除いては。。。

ブッシュネルピンシーカーツアープロXEトジョルトの唯一の欠点と言っていいサイズと重さ。たぶんレーザー距離計の中では最大級のサイズと最大級の重量だと思います。

そんなこんなで、 もっと手軽なサイズで良いものなかなと物色していた中で見つけたのが、「キャディトークミニミ」。

上の写真を見ると一目瞭然、とても小さく投影面積はクレジットカードとほぼ同じ。重さも135g(メーカー値)でとても軽い。

ちなみにブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトは重さは315g(メーカー値)くらいなので半分以下の重さ。

小型で軽量、それでいて機能も豊富で価格もそこまで高くなかったので思わず購入しちゃいました。

ってことで前置きが長くなりましたが、今回はキャディトークミニミをレビューします。

おそらく世界最小最軽量のレーザー距離計

キャディトークミニミ の上にクレジットカードを重ねてみました。
ほぼピッタリのサイズ。とっても小さいのがお分かりいただけると思います。
そう、とっても小型なんです。なのでポケットにも余裕で入ります。

 bushnell ピンシーカープロXEジョルトCaddyTalk minimi
サイズ(mm)114×84×4492x58x31(縦、横、厚さ)
重量315g135g

手持ちのブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトとサイズを比べるとこんな感じ。
大きさも重さも全然違います。
たぶん今発売されているれているレーザー距離計の最大サイズと最小サイズの比較と言っても良いと思います。

ブッシュネル

ブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトを手に持つとこんな感じ。
片手でギリギリ持てる感じで少し指が足りなく感じます。

キャディトークミニミ

こちらはキャディトークミニミを手に乗せたところ。
見てくださいこの小ささ!
決して僕の手が大きいわけじゃありません。(ちなみに僕のグローブサイズは23cmです)
片手にすっぽり収まります。これなら女性でもラクラク持てます。

ポケットにも余裕で入ります!

ブッシュネル

ブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルト の重さを測ってみると311g。

キャディトークミニミ

一方のキャディトークミニミ。132g!

計測時の持ちやすさに関わる部分の高さと幅を測って比較してみるとこんな感じ。(一番大きいと思われる部分を測りました。)

高さも幅も小さいので手に包むような感じで持てます。とても持ちやすいです。

メーカー曰く「世界で最も小さい」というのも頷けます。
ショップで他のレーザー距離計と並べられているのを見てもとても小さいのがわかりますよ。

小さいのに高機能

キャディトークミニミは、小型軽量だけではなくとても高機能。
水平距離はもちろん高低差を考慮に入れた測定も可能なだけではなく、
温度・高度・湿度といった周囲の環境を打つべき距離に反映させた「環境・スロープ機能」を搭載しています。

これと同じような機能はブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトにもありますが、キャディトークミニミはこのサイズに同等の機能を盛り込み、さらに価格も3万円台とブッシュネルよりもずっとお値打ちで実現しました。

つまりレーザー距離計最高峰と言われるブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトの機能がキャディトークミニミでも使えちゃうわけ。

いやいや、価格もサイズもかなり違うしさすがに実際精度はどうなの?ってことでラウンドで何度か比べてみましたが、1~2Y程度の違いはあるものの両機ともほとんど同じ数値を出しました。これには正直びっくり!

ブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルト で不満だったサイズと重さの欠点をクリアしてさらに同等の機能が使えるんです!

もう、快適しかないです!!

もちろん、測りたい目標だけ正確にターゲティングしてくれるピンファインダーシステムやターゲット感知を知らせてくれるジョルト(振動)機能も搭載しています。

競技用に水平のみの計測に変える機能もあり、その場合は側面のLEDが赤で表示されるので同伴競技者からもわかりやすくなっています。

見た目の可愛さに騙されちゃいけません!羊の皮をかぶった狼じゃないけど、見た目からは想像できないくらい高機能です。

さらに生活防水もついているので、多少の雨でも問題なく使えそうです。

コスパ良しの充電式!しかも超長持ち!

キャディトークミニミは電池ではなく充電式。

一般的なレーザー距離計はCR2というちょっと特殊な電池を使いますが、キャディトークミニミはUSBタイプによる充電式。

しかも一度充電すれば何ラウンドも使えるくらい長持ちらしく、すぐ充電が切れることはないらしいです。

僕も数ラウンド使いましたが、購入時に充電しただけで全然問題なく使えています。

CR2電池

小さいので持ち運びラクラク

やっぱり小型軽量は最強で、持ち運びがとにかくラク!
ポケットにもラクラクだし、スゥイングの邪魔にもなりません。

さらに別売で専用のケースのあり、ケースをベルトに取り付けて使うこともできます。
腰につけても小型で軽いので違和感もなく、つけていることさえ忘れるくらいです。

小型軽量でもやっぱり欠点もあった

小型軽量でしかも高機能、価格もまぁまぁ。
と、非の打ちどころがないくらいのキャディトークミニミですが、欠点もあります。

計測にちょっとだけ時間がかかる。

あくまで「ブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトと比べると」ですが、開始から完了まで1秒ちょっとかかる感じ。
ボタンを押してからの最初の動き出しと、長押しでピンシークになるのですが、その長押しの分ちょっとだけ時間がかかるかなという程度で、最初からキャディトークミニミしか使ったことが無ければ全く問題ないレベルの差です。

レンズがちょっと暗い

これも「ブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトと比べると」という前提ですが、レンズがちょっと暗いです。
スキッと見えるというより、少しだけ明度が低いかなと感じますが、ブッシュネル ピンシーカーツアープロXEトジョルトが明るいのでそう感じるだけで、そのほかの一般的なレーザー距離計と遜色ないです。

まったく謎の意味不明リモコン付属

キャディトークミニミにはなんとワイヤレスリモコンが付属しています。
メーカーサイトによると、ボタンを押すときに発生する手振れを防ぐためにワイヤレスリモコンを使って確実にターゲットを捉えるってことらしいのですが、全くもって意味不明です。

片手にクラブを持って、反対の手でキャディトークミニミを持って、、、リモコンはどの手で持てば???となります。

(別売の専用ケースを買うと帽子につけるマグネットマーカーがついてくるのですが、そのマーカーにリモコンをつけて使うこともできるみたいです。)

リモコンはUSBの充電口のフタを兼ねていてマグネットで本体にくっついているのですが、ラウンド中に走ったりすると外れて無くしてしまいそうです。

さらにリモコンは電池交換不可で、使いきり、電池がなくなったらリモコンだけ別途買わないとダメという謎仕様。。。。

もうまったく意味不明なので、僕は最初から使わず、箱にしまってあります。

そうするとUSBの口はむき出しになってしまうので、アマゾンでUSBのキャップを買って写真のようにハメて使っています。

これだとUSBの口にゴミや水が入ることもないし、ジャストサイズなのかしっかりしていて走っても外れる感じはありません。
見た目も良い感じでお気に入りです。

注意

コネクタカバーは2024年現在 終売しているようです。

まとめ

いかがでしょう。

キャディトークミニミについてまとめてみました。

カードサイズととっても小型で軽量、ポケットにスッと入るし邪魔にならない、それでいて高機能。
価格も3万円台とレーザー距離計としては中くらいの価格帯なのでコスパも良く、買って損のないレーザー距離計だと思います。

僕もキャディトークミニミを買ってブッシュネルとの比較が終わってからはキャディトークミニミばかり持ち歩くようになりました。

レーザー距離計を検討している人はぜひ候補に入れてほしい一台です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

レーザー距離計の関連記事


ピンシーカーツアーV5シフトスリムジョルト
計測が早い!ブッシュネルピンシーカーツアーV5シフトスリムジョルト

ブッシュネルから2021年3月に発売されたゴルフ用レーザー距離計「ピンシーカー ツアーV5 シフトスリムジョルト」。 レーザー距離計と言えばブッシュネルと言われるくらい、プロの使用率も高く信頼性も高い ...


キャディトークミニミ
小型サイズは最強の武器かも!ゴルフレーザー距離計「CaddyTalk minimi・キャディトークミニミ」

最近人気のレーザー距離計。ルール改正もあってゴルフ場でも見かける機会が増えました。レーザーをピンや距離を測りたい所に当てるとそこまでの距離が直ぐわかるということで、クラブ選択のうえで大事な要素になりま ...


ピンシーカープロXEジョルト
ブッシュネル ゴルフ用レーザー距離計 ピンシーカープロXEジョルト

最近の流行にのって買ったブッシュネルのレーザー距離計 ピンシーカープロXEジョルト。 前回の記事でレーザー距離計の良さをまとめたので今回はピンシーカープロXEジョルトのレビューを。 ピンシーカープロX ...

  • この記事を書いた人

さぶにく

ゴルフ場勤勤務経験のあるギア好きゴルフマニア。 クラブやギアなどゴルフにまつわる記事を自身の体験や経験をもとに発信しています。

-ゴルフギア
-